Reuters logo
セクハラ疑惑の米FOX看板司会者、ビル・オライリー氏が降板
2017年4月20日 / 02:36 / 5ヶ月前

セクハラ疑惑の米FOX看板司会者、ビル・オライリー氏が降板

 4月19日、米メディア・娯楽大手21世紀フォックス<FOXA.O>は、セクハラ疑惑が浮上していた傘下のFOXニュースの人気司会者ビル・オライリー氏(写真)の降板を発表した。写真は2015年3月撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 米メディア・娯楽大手21世紀フォックス(FOXA.O)は19日、セクハラ疑惑が浮上していた傘下のFOXニュースの人気司会者ビル・オライリー氏の降板を発表した。

「疑惑を徹底的かつ慎重に検証した結果、当社とビル・オライリー氏は、FOXニュースの番組に復帰しないことで合意した」と声明で述べた。

20年以上同局の看板キャスターとして活躍し、同氏の「ジ・オライリー・ファクター」は高視聴率を誇ったが、セクハラ疑惑浮上後は広告スポンサーの撤退が相次いでいた。米テレビ界で最も人気のあるコメンテーターで、ベストセラーの著作もある。

ニューヨーク・タイムズは4月1日、フォックスとオライリー氏が、セクハラ問題の和解のため5人の女性に総額1300万ドル(約14億円)の示談金を支払ったと報じていた。

4月11日以降休暇をとっていたオライリー氏は文書による声明で、FOXでの「前例のないほどの成功」を誇りに思うとしたうえで「まったく根拠のない訴えによって降板することになり極めて残念」と述べた。

オライリー氏降板に伴い、同氏の番組の枠にはタッカー・カールソン氏の番組が放送される。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below