Reuters logo
刑務所に戻りたくて銀行強盗、米ワイオミング州で禁錮6年の刑に
2016年10月14日 / 03:47 / 1年前

刑務所に戻りたくて銀行強盗、米ワイオミング州で禁錮6年の刑に

[12日 ロイター] - 仮出所中だったトランスジェンダーの元受刑者が、刑務所に戻るために米ワイオミング州で銀行強盗を働き、禁錮6年の刑を言い渡された。検察当局が12日明らかにした。

 10月12日、仮出所中だったトランスジェンダーのリンダ・パトリシア・トムソン被告(写真)が、刑務所に戻りたいために米ワイオミング州で銀行強盗を働き、6年の刑を言い渡された。Laramie County Sheriff's Department提供(2016年 ロイター)

米連邦捜査局(FBI)が裁判所に提出した資料によると、リンダ・パトリシア・トンプソン被告(59)は7月27日に同州シャイアンの銀行で「銃を持っている。金を出せ」と書いたメモを行員に渡し、1万6300ドル(約170万円)を奪って逃走。盗んだ金を歩行者にあげたり、ばらまくなどした後、通りに座って逮捕されるのを待っていたという。

被告は駆け付けた警官に「銀行強盗をした。刑務所に戻りたい」と供述。盗まれた金はすべて回収された。

被告はオレゴン州の刑務所を6月に釈放された後、列車に乗ってシャイアンまで来たが、ホームレスのための一時宿泊施設にも入れてもらえず、行き場がないため銀行強盗を思い立ったという。

トンプソン被告は、2006年に製作されたトランスジェンダーの受刑者を描いたドキュメンタリー映画に出演し、「女性として生きることに決めたら、仕事も見つからなくなり、生活のために金属スクラップを盗んだ」と語っていた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below