Reuters logo
故パバロッティさん家族、トランプ陣営に歌の使用中止を要請
2016年7月22日 / 02:01 / 1年前

故パバロッティさん家族、トランプ陣営に歌の使用中止を要請

 7月21日、イタリア出身の世界的テノール歌手だった故ルチアーノ・パバロッティさん(写真)の家族は、米大統領選で共和党候補に指名されたドナルド・トランプ氏が選挙活動で、パバロッティさんが歌うプッチーニ作の名曲「誰も寝てはならぬ」を頻繁に流していることについて、本人の意思にそぐわないとして、使用中止を求めた。2004年6月撮影(2016年 ロイター/John Kolesidis JK)

[ローマ 21日 ロイター] - イタリア出身の世界的テノール歌手だった故ルチアーノ・パバロッティさんの家族は、米大統領選で共和党候補に指名されたドナルド・トランプ氏が選挙活動で、パバロッティさんが歌うプッチーニ作の名曲「誰も寝てはならぬ」を頻繁に流していることについて、本人の意思にそぐわないとして、使用中止を求めた。

イタリアにいるパバロッティさんの家族は「ルチアーノ・パバロッティが音楽家としてのキャリアを通じて表現した兄弟愛や連帯を重視する価値観は、トランプ氏の世界観とは全く相いれないことを思い起こしてほしい」とするコメントを発表した。

パバロッティさんは2007年にがんで死去した。

これまでに複数のアーティストがトランプ氏に選挙活動での楽曲の使用中止を求めており、英ロックバンド「ローリング・ストーンズ」、英歌手アデル、米ロックバンド「R.E.M.」(2011年解散)などが含まれる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below