Reuters logo
フィリピン中銀が3年ぶり利上げ、インフレ圧力で
2014年7月31日 / 09:23 / 3年前

フィリピン中銀が3年ぶり利上げ、インフレ圧力で

[マニラ 31日 ロイター] - フィリピン中央銀行は31日、物価上昇圧力に対応するため、政策金利の翌日物借入金利を3.50%から3.75%に25ベーシスポイント(bp)引き上げた。利上げは3年ぶり。

短期特別預金口座(SDA)適用金利は据え置いた。

ロイター調査によると、エコノミスト12人のうち6人が利上げを予想していた。残り6人は、政策金利は据え置かれるものの、SDA適用金利が引き上げられると予想していた。

次回の政策決定会合は9月11日に開かれる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below