Reuters logo
特別リポート:フィリピン麻薬戦争、警察が「処刑」と遺族訴え
2016年12月18日 / 01:21 / 10ヶ月後

特別リポート:フィリピン麻薬戦争、警察が「処刑」と遺族訴え

[マニラ 7日 ロイター] - 10月下旬の金曜日、フィリピン首都マニラの斎場には、フロージョン・クルーズさんの遺体が金属製テーブルに安置されていた。司法解剖チームが、彼の検屍を始めるところだ。

 12月7日、34歳のフロージョン・クルーズさんは10月19日の夜、マニラ北部にある母親の家で射殺された。フィリピンのドゥテルテ大統領が率いる「麻薬撲滅戦争」によって、これまで2000人以上が殺害されたと警察が発表している。その犠牲者リストに、彼の名前が新たに加わった。写真は10月20日マニラでの通夜で、フロージョンさんの棺の前に集まった友人や親せきの人々(2016年 ロイター/Damir Sagolj)

ただし、これは2回目の検屍だ。

未亡人となったリタさんは、前回の検屍によって亡夫の胴体に残った整った縫い目を見つめた。そして写真撮影のためにポーズをとった。フィリピン人権委員会(CHR)が作成する死亡報告書のなかでフロージョンさんの身許を証明するための写真だ。

1年以上前から夫と別居していたリタさんは泣き出し、部屋を出て行った。

悲しみに暮れるリタさんら遺族は、ある答えを切望している。彼らはクルーズさんの死について、警察側が行った説明を信じていない。警察は検屍を実施したが、遺族はCHRに再度の検屍を依頼した。

34歳のクルーズさんは10月19日の夜、マニラ北部にある母親の家で射殺された。フィリピンのドゥテルテ大統領が率いる「麻薬撲滅戦争」によって、これまで2000人以上が殺害されたと警察が発表している。その犠牲者リストに、彼の名前が新たに加わった。

警察によれば、麻薬購入のおとり捜査の最中にクルーズさんが発砲したため、私服警官が正当防衛で彼を殺害したという。だが遺族は、警察が家に乱入し、無実を訴えるクルーズさんを撃ったと主張している。

珍しいことだが、遺族は警察による状況説明に反論できるのではないかと考えて再度の検屍を求め、ロイターはこれに立ち会った。

ドゥテルテ大統領は麻薬常用者を殺すよう警察に促しており、警官はほぼ完璧な殺傷率でこの要請に応えている。犠牲者の遺族の多くは、法執行機関に疑問をぶつけることは怖いと怯えている。

だが、クルーズさんの遺族は情報に飢えている。どうにも納得できないのだ。もし彼が先に至近距離から発射したのなら、なぜ警官が誰も負傷していないのか。クルーズさんが銃を所有していなかったなら、彼はどうやって警官を撃つことができたのか。

「何も情報はない」とリタさんは言う。「私たちが目にしたのは、収容袋に入った遺体だけだ」

<「まるで犬でも殺すように」>

警察の報告書によれば、クルーズさんと2人の共犯者は10月19日の午後9時45分頃、家の外で麻薬を売っていたが、客がおとり警官だと気づいた。クルーズさんは屋内に駆け込み、銃を構えて警官たちに向けて撃ったが、外れたという。

警察は「クルーズさんの違法な攻撃を阻止して、撃退するために」撃ち返した、と報告書には書かれている。クルーズさんは射殺された。

遺族が語るのは違う話だ。彼が「処刑」されたと信じている。

クルーズさんの母親、ポリカルピア・クルーズさん(74)は、その夜、息子と一緒に家にいたと語る。彼は母親のラジオを修理していた。そこへ私服姿の男たち4─6人が銃を抜いたまま家に押し入り、彼女に外に出るよう命じたという。

その後起きたことを彼女は目撃していないが、「やめてくれ、ここには何もない」と息子が嘆願する声が聞こえたという。すると男たちは彼を殴りつけた。そして彼女は誰かが叫ぶのを聞いた。「銃だ!」

銃声が響いた。警察は、家族が何が起こったかを知るために家に入ることを許さなかったという。

その翌日、家族は弾痕の残るクルーズさんの遺体と、警察の遺体安置所としても使われている民営のエウセビオ斎場で対面した。そこで撮影された写真を見ると、彼はあごの下と心臓、そして腹部を撃たれていた。

「彼は1人の父親だった。麻薬を使ったこともある普通の人間にすぎなかった」と姪に当たる26歳のソフィアさんは語る。「それを、彼らはまるで犬でも殺すように」

ソフィアさんによれば、5歳、7歳、12歳と3人の娘をもつクルーズさんは、ドゥテルテ大統領が就任した頃には、すでに麻薬の使用をやめており、銃を所有したことは一度もなかったという。

「もし彼が、本当に銃を使って身を守ろうとしたなら、先に(警官の)誰かが撃たれたはず」と彼女は言う。警察の報告書には、警官が負傷したとの記載はない。

遺族はクルーズさんが殺された部屋で、厚紙に書かれたメッセージを見つけた、とソフィアさんは語る。タガログ語で殴り書きされた文字は「麻薬密売人、そして常用者。誰も真似するな」と読める。

これとほぼ同じメッセージが、自警団に殺害されたとみられる麻薬常用容疑者の遺体から、何百点も回収されている。

ソフィアさんはこれを見つけて「ショックを受けた」と語る。これは警察が残したものだと彼女は信じており、「警察と自警団員は行動を共にしている」という国内で広がる疑惑を裏付ける証拠となるかもしれないと考えている。

警察の報告書にはこのメッセージについての記述はなく、カローカン市警察のジョンソン・アルマザン署長はロイターに対し、部下たちはそのメッセージを残したことを「強く否定」していると述べた。

そんなメッセージは何の役にも立たない、なぜなら「すでにフロージョン・クルーズを殺害したのだから」と同署長は主張する。

<身許不明の遺体は儲からない>

 12月7日、34歳のフロージョン・クルーズさんは10月19日の夜、マニラ北部にある母親の家で射殺された。フィリピンのドゥテルテ大統領が率いる「麻薬撲滅戦争」によって、これまで2000人以上が殺害されたと警察が発表している。その犠牲者リストに、彼の名前が新たに加わった。写真は10月30日マニラで、葬儀のため棺が家を離れる際に、泣き崩れる彼の妻や家族たち(2016年 ロイター/Damir Sagolj)

ドゥテルテ氏は大統領選の期間中、多くの犯罪者を殺すと公約しており、自分が選挙に勝ったら、人々は葬儀ビジネスに参入するべきだと断言していた。

「ここに斎場は足りているか。早く作った方がいい」とドゥテルテ氏は3月、群衆に向かって演説した。「遺体は私が供給する」

実際には、麻薬戦争の犠牲となった人々の大部分は貧しく、遺族は葬儀費用の支払いにも苦労することが多い。

クルーズさんの遺体が安置されたエウセビオ斎場では、遺体保管と防腐処置費用として約3万5000ペソ(約8万3000円)を請求する。政府統計によれば、フィリピン国民の5人に1人は、1日1ドル20セント(約140円)以下で生活している。

麻薬戦争による犠牲者の遺体の一部は引き取り手がいないままだ。エウセビオ斎場の業務マネジャー、オーリー・フェルナンデス氏は、下着姿の硬直した5体の遺体を収めた棚を見せてくれた。「ドゥテルテ氏は、多くの斎場が儲かるだろうと言っていたが、そうではなかった。身許不明の遺体で、どう儲ければいいのか」

フェルナンデス氏は、ドゥテルテ大統領の麻薬戦争によって、逆にコストがかさんでいると話す。犠牲者の5人に1人は遺体の引き取り先が見つからないからだ。結局、合同墓地に埋葬されることになるという。

警察による検屍が終わった後、クルーズさんの遺体は斎場で防腐処理を施され、蓋の開いた棺に納められた。彼の棺はその後9日間、母親の家の外にある狭い路地に安置された。

フィリピンの伝統に従い、遺族と友人はそこに集まってカード賭博をやり、音楽を聴いた。それが明け方まで及ぶことも多かった。彼らの多くは葬儀費用の足しになればと献金していた。

<3発の弾丸>

 12月7日、34歳のフロージョン・クルーズさんは10月19日の夜、マニラ北部にある母親の家で射殺された。フィリピンのドゥテルテ大統領が率いる「麻薬撲滅戦争」によって、これまで2000人以上が殺害されたと警察が発表している。その犠牲者リストに、彼の名前が新たに加わった。写真は10月30日、マニラでの葬儀で彼の棺を囲む彼の母親や妻、そして親せきの人々(2016年 ロイター/Damir Sagolj)

公費で運営されているCHRの検屍は、無料である。CHRでは、人権侵害が疑われる事件に取り組む前に、調査員が事件を審査する。

エウセビオ斎場の検屍室は、殺風景だが清潔で、何の匂いもしない。包丁と砥石が流し台に重ねられている。ワイヤーラックには接着剤、金属製探針その他の道具が置かれている。

CHRの司法解剖チームは、まずクルーズさんの刺青の記録を取る。胸部右上、右腕、そして背中だ。それから前回の検屍の際の縫合を解き、胴体から防腐液をスポンジで拭い取る。

弾痕は3つ。腹部と胸部、そして頭部に発見された。その後、各々の弾丸が体内に進入した経路を探る。1発は胸部に当たり、肺と心室を貫通して背中から抜けている。もう1発はへその近くから入り、小腸の一部を貫いている。

脳を貫通した3発目の経路をたどるのは、もっと困難だ。CHRのチームは、右耳の上に穴を1つ見つけ、砕けた頭蓋骨にもう1つの穴を見つけた。

彼らは長さ約30センチの包丁と弓ノコを使って頭部を切開し、弾丸の破片を見つけた。頭部の切開を行わなかった警察の検屍官は、破片を見逃していた。

クルーズさんのあごの下に弾丸が進入した傷をCHRのチームが見つけたのは、検屍も終わりに近づいた頃だった。最初の検屍の後に施された防腐処理用のパテと死化粧のせいで見えにくくなっていたのだ。チームは金属製の探針を使って弾丸の経路を探った。弾丸はあごの下から入った後、割れている。

CHRのジョセフ・ジメネス検屍官は、クルーズさんの2回目の検屍を行うことの困難さに触れ、「ときには見落とすこともある。パテや死化粧があるから、ハッキリしない」と語る。

<新たな結果>

CHRによる検屍は2時間を要した。エウセビオ斎場職員によれば、警察による検屍と比べ、倍の時間がかかっているという。

最後に、ジメネス検屍官は遺体に「ありがとうございました」と語りかけ、チームは黙祷を捧げた。そして同検屍官は遺族に結果を説明した。結論としては、2回目の検屍によるいかなる知見も、クルーズさんが処刑されたことを示唆していない、と彼は言う。

額や後頭部からの銃痕など、処刑を示すような明白な手掛りはなかった。ジメネス検屍官は、クルーズさんのように、すでに防腐処理が施された遺体の検屍によって集められる情報には限界がある、とロイターに語った。組織の硬さも変わり、縫合が傷の周縁部を損傷し、大きさや形状が変わってしまうのだ。

とはいえ、いくつかの証拠は明らかに見落とされていた。

2回目の検屍で得られた新しい情報は、リタさんの気持ちを和らげたようだ。警察の検屍では夫の遺体の開頭を行っておらず、脳内に残った弾丸の破片を発見していなかった。

自分と家族は、さらに答えを求め続けるかどうかを判断する必要があるだろうと彼女は言う。「新しい事実が分かった。警察による殺人事件として告訴するかもしれない」

エウセビオ斎場では、10年間そこで働くロゲリオ・コラザさんが、1時間かけてクルーズさんの傷跡を再縫合し、遺体の清拭と着付けを済ませていた。彼のまぶたを閉じ、各所にスポンジを入れ、ブラッシングと死化粧を行う。それから頭髪にベビーオイルを付け、櫛を入れた。遺体を棺に納めた後、もう一度頭髪に櫛を入れる。

その2日後、クルーズさんの棺とともに遺族は再び家を離れた。今度の行き先は墓地だ。

小さな礼拝堂のなかで、遺族と友人たちは棺を囲んだ。彼らが手にしたヘリウム入りの白い風船には、「フロージョン・F・J・クルーズ、あなたを忘れない」と書かれていた。

(Clare Baldwin記者、Andrew R.C. Marshall記者、Damir Sagolj記者、翻訳:エァクレーレン)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below