Reuters logo
PKO日報問題、隠蔽体質あれば「私の責任で改善」と稲田防衛相
2017年3月17日 / 02:07 / 6ヶ月前

PKO日報問題、隠蔽体質あれば「私の責任で改善」と稲田防衛相

 3月17日、稲田朋美防衛相は閣議後会見で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣した陸上自衛隊の日報を巡る問題について「事実が解明され、防衛省・自衛隊に隠蔽体質があったとすれば、私の責任で改善したい」と語った。写真は6日、参議院会議で撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 17日 ロイター] - 稲田朋美防衛相は17日の閣議後会見で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣した陸上自衛隊の日報を巡る問題について「事実が解明され、防衛省・自衛隊に隠蔽体質があったとすれば、私の責任で改善したい」と語った。

昨年9月に日報の情報開示請求を受けた防衛省は、陸自内で破棄済みとして不開示を決定。その後の調査で統合幕僚監部でデータが見つかり、今年になって公開した。さらに、陸自内にもデータが残っていたとの報道が相次ぎ、国会で野党の追及を受けた稲田氏は、元検事長をトップとする特別防衛監察を実施することを決めた。

稲田防衛相は17日の会見で「できるだけ早い調査を監察官に指示した」と語った。

稲田氏によると、防衛省は過去に4件の特別防衛監察を実施。昨年12月に結果が出た海上自衛隊のヘリコプターの選定を巡る案件は、調査に1年以上かかった。

久保信博

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below