Reuters logo
太陽系外に7つの地球サイズ惑星、生命発見に一歩前進
2017年2月23日 / 02:11 / 7ヶ月前

太陽系外に7つの地球サイズ惑星、生命発見に一歩前進

[ケープカナベラル(米フロリダ州) 22日 ロイター] - 地球から約40光年離れたみずがめ座方面にある恒星の周りを地球サイズの7つの惑星が周回しており、このうち3つは、地表に水が液体で存在できる温度であることが分かった。ベルギーのリエージュ大学と米航空宇宙局(NASA)などが共同で研究したもので、科学誌ネイチャーに掲載された。水は生命に不可欠とされることから、地球外生命体発見に向けて一歩前進したと言えそうだ。

この恒星は、「トラピスト1」と呼ばれる赤色矮星で、直径は太陽の8%ほど。暗くて小さく温度が低いことから、生命が存在するのに適した「ハビタブルゾーン」が近距離となる。

リエージュ大学の主任研究員、ミハエル・ギヨン氏によると、3つの惑星は水の存在が可能な位置を周回している。今後は、生命の存在を示す科学的根拠があるかどうかを調査していくという。

NASAの主任科学者トーマス・ザーブチェン氏は記者会見で「今回の発見は、第2の地球の発見が『あるかどうか』ではなく、『いつか』であることを示唆している」と語った。

太陽系外にはこれらを含め、すでに3500以上の惑星が見つかっているが、ギヨン氏は「同じ恒星の周りにこれほど多くの地球サイズの惑星が見つかったのは初めて」と述べた。

科学者は、大きさが地球と同程度で岩石で構成され、水が液体として存在する惑星の発見に焦点を合わせている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below