Reuters logo
ローマ法王、南スーダン訪問を検討 カンタベリー大主教も同行か
2017年2月27日 / 07:50 / 7ヶ月前

ローマ法王、南スーダン訪問を検討 カンタベリー大主教も同行か

 2月26日、ローマ法王フランシスコ(写真)は、英国国教会の最高位聖職者であるウェルビー・カンタベリー大主教とともに南スーダンを訪問する可能性を検討していると述べた。訪問は、内戦と飢餓に苦しむ人々に注意を向けるのが目的だという。ローマで撮影(2017年 ロイター/Alessandro Bianchi)

[ローマ 26日 ロイター] - ローマ法王フランシスコは26日、英国国教会の最高位聖職者であるウェルビー・カンタベリー大主教とともに南スーダンを訪問する可能性を検討していると述べた。訪問は、内戦と飢餓に苦しむ人々に注意を向けるのが目的だという。

ローマの英国国教会開設200周年を記念して、初めて訪れた同教会で明らかにした。

法王によると、昨年10月にローマを訪問した南スーダンの司教らが、「(法王)一人ではなく、ウェルビー・カンタベリー大主教と一緒」の訪問を要請したという。

法王は、訪問が1日間となる見通しと述べた。ローマ法王庁(バチカン)の情報筋によると、治安上の懸念がその理由だという。また、法王は訪問時期を明らかにしなかったが、情報筋によると、年内とみられるという。

産油国の南スーダンは2011年に独立したが、2013年12月にキール大統領とマシャール副大統領の対立から内戦が勃発。キール政権は先週、一部の地域で飢饉が起こっていると宣言した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below