Reuters logo
環境国際合意の迅速な実行を、ローマ法王が強く呼びかけ
2016年11月29日 / 02:32 / 10ヶ月前

環境国際合意の迅速な実行を、ローマ法王が強く呼びかけ

 11月28日、ローマ法王は、世界の国家指導者らに対し、環境に関する国際合意を遅滞なく実行するよう求めた。写真は、会合に出席した理論物理学者スティーブン・ホーキング博士(右)にあいさつする法王。提供写真(2016年 ロイター/Osservatore Romano)

[バチカン市 28日 ロイター] - ローマ法王フランシスコは28日、世界の国家指導者らに対し、環境に関する国際合意を遅滞なく実行するよう求めた。理論物理学者スティーブン・ホーキング博士らが出席して行われた科学者の会合で述べた。

ドナルド・トランプ次期米大統領がパリ協定脱退を示唆して以降、環境に関して最も強い調子の発言となり、直接トランプ氏に向けたメッセージとも受け取れる。トランプ氏は、大統領選のキャンペーン中、気候変動はでっち上げだと主張していた。

法王は「環境に関する国際合意の破棄や遅滞は、利益追求を最優先する技術や経済に政治が服従するようになったことを示している」と指摘。さらに、科学者は「政治、経済、思想面の利害から自由な状態で活動し、気候変動による危機と社会にもたらされる結果を直視できる文化モデルを構築すべき」と述べ「持続可能な開発を支援・推進できる環境配慮型の変革」を求めた。

昨年法王は、12億人に上る世界のカトリック教徒に向けて公文書を発表し、環境破壊から地球を救うため迅速な行動を呼びかけるとともに、指導者らに「地球と貧困者の叫び」を聴くよう求めている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below