Reuters logo
ポンドが対ドルで31年ぶり安値、英EU離脱の影響を懸念
2016年10月4日 / 07:26 / 1年前

ポンドが対ドルで31年ぶり安値、英EU離脱の影響を懸念

 10月4日、欧州外国為替市場で、英ポンドが対ドルで下落し、31年ぶり安値を付けた。英国の欧州連合(EU)離脱の影響に対する懸念が背景。写真はマンチェスターで3月撮影(2016年 ロイター/Phil Noble)

[ロンドン 4日 ロイター] - 4日の欧州外国為替市場で、英ポンドが対ドルで下落し、31年ぶり安値を付けた。英国の欧州連合(EU)離脱の影響に対する懸念が背景。

メイ首相が2日、EU離脱の正式な手続きが3月末までに始まると表明したことを受け、3日は1%以上下落。4日は下げ幅を拡大して1.2764ドルと、1985年6月以来の安値となった。

ユーロ/ポンドは0.2%安の0.8751ポンドで、3年ぶり安値を付けた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below