Reuters logo
ロシア大統領、シリア展開軍の撤退を命令 15日開始
2016年3月14日 / 20:06 / 2年前

ロシア大統領、シリア展開軍の撤退を命令 15日開始

 3月14日、ロシアのプーチン大統領は、シリア展開軍に撤退を開始するよう命令した。写真はモスクワで外務相と協議するプーチン氏。同日撮影(2016年 ロイター/Mikhail Klimentyev/Sputnik/Kremlin)

[モスクワ/ワシントン/ベイルート 14日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は14日、シリアに展開するロシア軍に対し撤退を開始するよう命令した。15日から順次撤退を開始する。プーチン大統領は、オバマ米大統領との電話協議で、今回の決定について説明した。

プーチン大統領は大統領府で開いた国防相と外務相との会合で、「ロシア軍に課された任務は全般的に完遂されたと考えている」と発言。国防相に「シリアからロシア軍の主要部隊の撤退を15日に開始する」と指示した。

ロシアは5カ月前、親ロシア路線のシリアのアサド政権を支援するために空爆を開始。撤退を示すことで、ロシアの空爆によりシリア内戦が泥沼化していると非難している米国との間の緊張緩和を図りたい考えとみられる。

ただロシアはラタキア地方に基地を保有しており、同基地から空爆は実施できるため、今回の決定により実際に空爆がやむかは不明となっている。

ロシアのペスコフ大統領報道官によると、プーチン大統領はアサド大統領に電話し、撤退の意向を伝えた。ただ、アサド大統領の去就については話し合わなかったとしている。

米ロ首脳電話会談では、オバマ大統領がシリアでの一時停戦以降、戦闘行為が減少していることを歓迎する一方、シリア政府軍による攻撃が一部で続いていることに懸念を表明(ホワイトハウス)。

これに対し、プーチン大統領はロシア軍の撤退開始について説明し、テロとの闘いにおいて「主要課題」を終えたと述べた(クレムリン)。

シリア軍は、ロシア撤収後も「イスラム国」や「ヌスラ戦線」などのイスラム過激派組織との戦いを継続する方針を示した。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below