Reuters logo
ペルー・ブラジル国境で大規模地震相次ぐ、津波の恐れなし
2015年11月25日 / 02:32 / 2年前

ペルー・ブラジル国境で大規模地震相次ぐ、津波の恐れなし

[リマ 24日 ロイター] - 米地質調査所(USGS)によると、ペルーとブラジルの国境付近に位置するアマゾン盆地で24日、マグニチュード(M)7.6の地震が2回、相次いで発生した。

最初の地震は現地時間午後5時45分(2245GMT)に発生し、5分後にも同規模の地震が起きた。

震源地はペルー南東部プエルト・マルドナドの北西約296キロ、震源の深さはともに約602キロ。

揺れはチリ北部や震源から681キロ離れた首都リマなどでも感じられたという。

震源地がアマゾンの奥地であるため、被害は限定的とみられている。また内陸部のため、津波の恐れもないという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below