Reuters logo
豪中銀が8会合連続で金利据え置き、緩和的政策を継続へ
2014年5月6日 / 04:57 / 3年前

豪中銀が8会合連続で金利据え置き、緩和的政策を継続へ

[シドニー 6日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は6日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを2.50%に据え置くことを決定した。

金利据え置きは8会合連続。

過去の金融緩和が想定通りに景気を刺激していることが一段と裏付けられており、据え置きは市場の予想通りだった。ロイター調査では、アナリスト25人全員が据え置きを予想していた。

決定を受け、豪ドルは小幅に上昇した。

豪中銀のスティーブンス総裁は政策理事会後に発表した声明で、「今後については、緩和的な金融政策の継続が需要を支え、しばらく成長の押し上げに寄与するだろう」と指摘。「現時点で最も賢明なコースは、金利の安定となりそうだ」と述べた。

豪中銀は、過去の利下げが住宅建設や消費に影響を及ぼし、家計の富を増やしているとして、昨年8月以降、金利を据え置いている。

また、来週に発表される政府の緊縮予算案が豪景気の下押し要因になると見込まれている。

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below