Reuters logo
家計の高債務はリスク、借入促進はインフレ目標回帰と相反=豪中銀
2017年2月22日 / 00:11 / 7ヶ月前

家計の高債務はリスク、借入促進はインフレ目標回帰と相反=豪中銀

 2月22日、オーストラリア準備銀行のロウ総裁は、すでに債務水準の高い家計に一段の借り入れを促すリスクは、インフレ率をより速く目標レンジに回帰させることに相反するとの認識を示した。写真はシドニーで昨年9月撮影(2017年 ロイター/Jason Reed)

[シドニー 22日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)のロウ総裁は22日、すでに債務水準の高い家計に一段の借り入れを促すリスクは、インフレ率をより速く目標レンジに回帰させることに相反するとの認識を示した。利下げを検討していないことをあらためて示唆した格好。

総裁は、失業率が高水準に上昇する場合は新たな刺激策の検討材料になる可能性があるが、現時点で中銀は労働市場は正しい方向に向かっていることに満足していると説明。

「われわれは、低インフレを長期化させるリスクと、より急速なインフレ率上昇を図るリスクのバランスをとろうとしている」と語り、後者のリスクは一段の借り入れを促すことで生じるとした。

総裁は、低インフレが期待インフレ率の自己達成的な低下につながる危険性はあるものの、オーストラリアではそのリスクは「とりわけ高く」はないとした。

一方で、収入に対する債務の比率がすでに記録的な高水準にある家計に一段の借り入れを促すことにはリスクがあると指摘。「将来のある時点において、借り入れ過ぎたと判断した世帯は消費を大幅に減らしかねず、経済や雇用全体に悪影響が及ぶことになる」とし、「このリスクの数値化は難しいが、無視できない点だ」と述べた。

総裁は、高水準の債務と賃金の伸び低迷を受け、家計はすでに自由な消費を警戒し、貯金を増やす傾向にあると指摘。賃金の伸びがある程度上向くことは予想されるが、企業からの情報では、それは目先の話ではないと述べた。

総裁はまた、今年と来年の豪経済の成長率は3%程度に加速し、基調インフレ率は中銀の長期目標レンジである2─3%にゆっくりと戻るとの中銀の見通しを確認した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below