Reuters logo
ドーハ会合前の「偽りの夜明け」か、原油反発でリスク選好回復
2016年4月13日 / 09:51 / 1年前

ドーハ会合前の「偽りの夜明け」か、原油反発でリスク選好回復

 4月13日、原油価格の反発で、グローバル投資家のリスク選好度が回復している。写真は都内の株価ボード。2月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 13日 ロイター] - 原油価格の反発で、グローバル投資家のリスク選好度が回復している。日本株は大幅続伸、ドル/円JPY=EBSも切り返した。世界景気にも明るい兆しが見え始めてきている。

しかし、あくまで先が見えない最悪期からの戻りに過ぎない。買い戻しの中心はヘッジファンドなど海外短期筋。17日にドーハで開かれる産油国会合で増産凍結合意が流れれば、マネーの逆回転が起こりかねない。   

<「3度目の正直」は期待薄>

今年に入って、日本株がリバウンド局面を迎えるのは3度目。1月下旬と、2月半ばから3月半ばにかけて、そして今回だ。2月15日を底にしているものの、前2回は上値を切り下げる展開となっており、チャートの形状は悪い。

13日、日経平均.N225は450円を超える上昇となり、約1週間半ぶりに1万6400円台を一時回復した。しかし、市場では「本格的な株高には手掛かり不足」(T&Dアセットマネジメント運用統括部長の山中清氏)との声が多い。

その理由の1つは、ドル/円JPY=の上値が日本株以上に重いことだ。リバウンドらしき上昇がみられたのは、1月末の日銀マイナス金利導入直後だけ。もみあいを経て、再び下落する弱い動きを続けている。今回も、日経平均が11日安値から5%超上昇しているのに対し、ドル/円は107円後半から約1円強戻っただけで、早くも109円を抜けるのに苦労している。

主要株価指数の中で、日経平均がイタリアに続いでパフォーマンスが悪いのは、円高による日本企業の業績悪化懸念があるからだ。短期的な戻りがあったとしても、本格的な円安進行がない限り、日本株が上昇トレンドに回帰するのは容易ではない。

<長期投資家は慎重に>

実際、日本株が大幅上昇した割に、13日の東証1部売買代金は2兆3482億円と盛り上がりに欠けた。「リスクオフ局面で増えたプット買い・コール売りといったオプショントレードの巻き戻しが出ているだけ。長期投資家などからの買い注文は乏しい」(大手証券トレーダー)という。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが4月に実施したファンドマネジャー調査によると、世界の投資家による日本株のポジションは、2012年12月以来のアンダーウエートとなった。いわゆるアベノミクス相場は12年11月半ばから始まっており、グローバル投資家の日本株に対する姿勢が、大きく変化したことを示している。

ヘッジファンドやCTA(商品投資顧問業者)など動きの速い短期筋が、日本株の買い戻しに動いたとしても、長期投資家が短期間に投資判断を変えてオーバーウエートに戻すということは起こりにくい。一方、短期筋のポジションがニュートラルに戻れば、売り仕掛けもしやすくなる。

13日のアジアの主要株価指数で、最も高かったのは日経平均.N225だった。年初からの下落率がアジアで最も高いのも日経平均だ。足元のリバウンドは、あくまでグローバルマクロなどのヘッジファンドが原油価格反発のなかで、売り込んだ株式を買い戻したにすぎない可能性が大きい。

<「ドーハの悲劇」に警戒も>

さらに、今回の株高・円安をもたらした原油価格の反発には、先行き不透明感が漂う。

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国は、17日にドーハで会合を開く。前日の海外時間には、ロシアのインタファクス通信が在ドーハの外交筋の話として、ロシアとサウジアラビアが増産凍結で合意したと報道し、原油価格も上昇したが、市場ではこのまま原油価格が上昇し続けるとの見方は少ない。

ばんせい投信投資顧問・調査部の山岡浩孝氏は「原油在庫の水準は高いほか、各国とも財政が厳しいなかで、イランを含めた産油国の原油供給量が、すぐに減るとは考えにくい。原油価格の下値は堅くなってきたが、ドーハ会合で増産凍結の合意ができなければ、短期筋主導による再下落もありうる」と話している。

原油需要に関しても、楽観はできない。中国やロシア、ブラジルなど新興国景気はやや落ち着きを取り戻しており、米景気も製造業に持ち直しの兆しがある。ただ、それは足元のドル安が大きな要因だ。米国のインフレ率は上昇傾向を示し、世界景気が回復してくれば、米利上げ再開観測も強まる。

ドル高が再び進行した時に、世界経済が持ちこたえることができるか──。市場がその点に自信を持てないのは、今回のリスク回復局面でも続く世界的な低金利が示している。

白川方明・前日銀総裁はかつて、日本がバブル崩壊後に何度か一時的な景気回復局面を経験したことを踏まえ「偽りの夜明け」を本当の回復と見誤らないよう注意する必要があると述べた。

足元の原油反発やリスク選好回復が、世界経済や市場の「夜明け」かどうか、現時点で確信できる材料はまだ少ない。

(伊賀大記 編集:田巻一彦)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below