Reuters logo
ロシア外相、米国務長官と初会談 他国への内政干渉を否定
2017年2月17日 / 02:32 / 7ヶ月前

ロシア外相、米国務長官と初会談 他国への内政干渉を否定

 2月16日、ロシアのラブロフ外相(前列右)は、ティラーソン米国務長官(前列左)との初会談の冒頭で、他国の内政には干渉しないと表明した。写真はドイツ、ボンで開催されたG20外相会談での集合写真。(2017年 ロイター/Brendan Smialowski)

[ボン(ドイツ) 17日 ロイター] - ロシアのラブロフ外相は16日、ティラーソン米国務長官との初会談の冒頭で、他国の内政には干渉しないと表明した。外相は、ロシア当局者との接触が原因で辞任したフリン前米大統領補佐官を巡る混乱について記者団にコメントを求められ、「われわれが他国の内政に干渉しないことを知っておくべきだ」と答えた。

ラブロフ氏はまた、2国間で協議すべき問題はたくさんあり、その大部分が1月28日に行われたトランプ大統領とロシアのプーチン大統領との電話会談で議題になったと指摘。

ティラーソン氏との会談で「今後の協議について枠組みを設定することが可能」と述べた。

ティラーソン氏には「再びお会いできて非常に光栄」とあいさつしたが、以前にいつ会ったかは現時点では不明。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below