Reuters logo
ロシア大統領、収賄容疑の経済相を解任 勢力争いとの見方も
2016年11月15日 / 01:46 / 10ヶ月前

ロシア大統領、収賄容疑の経済相を解任 勢力争いとの見方も

 11月15日、ロシアのプーチン大統領は、200万ドルの賄賂を受け取った疑いで逮捕されたウリュカエフ経済発展相を解任した。モスクワの地方裁判所で撮影(2016年 ロイター/Maxim Zmeyev)

[モスクワ 15日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は15日、200万ドルの賄賂を受け取った疑いで逮捕されたウリュカエフ経済発展相を解任した。現職の政府高官の逮捕としてはソ連崩壊後で最高位。

国営の石油最大手ロスネフチ(ROSN.MM)が中堅石油会社バシネフチ(BANE.MM)の株式を取得した件に絡み、「肯定的に」評価した疑いが持たれている。

ロスネフチは10月、およそ3300億ルーブル(50億ドル)でバシネフチの株式約50%を取得した。

ウリュカエフ容疑者の逮捕は、ロスネフチの最高経営責任者(CEO)でプーチン大統領の側近でもあるゴール・セチン氏と、ロスネフチが国有資産の取得を進めることに反対する政府内の勢力との対立を示している可能性がある。

モスクワの裁判所に出廷した同容疑者は容疑を否認した上で、名誉を守るために捜査に協力すると述べた。

ペスコフ大統領報道官はタス通信に対し「これは深刻なことだ」と述べ、「いずれにしても判断できるのは裁判所だけだ」とした。

同報道官は、ロスネフチのバシネフチ株取得は見直されるかとの記者団の質問に対し「全く影響しない」と言明した。

関係筋がこれまでにロイターに明らかにしたところによると、ロスネフチによるバシネフチ株取得は政府内で勢力争いの焦点となっていた。

セチン氏がバシネフチ株の買収承認を働き掛ける一方で、メドベージェフ首相の周辺を含む自由経済を重視する一派は、民間投資家への売却を主張し強く反対していた。

ウリュカエフ容疑者は当初ロスネフチへの売却に反対していたが、最終的には承認した。

ロシア産業企業家同盟のアレクサンドル・ショーヒン会長はウリュカエフ容疑者に対する容疑に疑問を呈した。バシネフチ株は市場価格でロスネフチが買収することでおおむね合意ができていたと指摘し、誰もが同意する価格に評価することに賄賂が支払われるのは奇妙だと語った。

数千万ドルの賄賂がやりとりされることもあるロシアで、ウリュカエフ容疑者が受け取ったとされるのが200万ドルと比較的少額だったことは驚きと指摘する向きもある。

60歳のウリュカエフ容疑者は2013年6月から経済発展相をつ務めた。プーチン大統領の側近ではないが、自由経済派にも属していない。

*写真を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below