Reuters logo
ロイター調査:南アの成長見通し下振れ、中銀は通貨安で利上げへ
2016年1月22日 / 08:33 / 2年前

ロイター調査:南アの成長見通し下振れ、中銀は通貨安で利上げへ

 1月22日、ロイター調査によると、南アフリカ経済は、中国の需要の弱まりがより鮮明になってきたため成長見通しが下振れした。写真は南アフリカのプレトリアで2013年12月撮影(2016年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ヨハネスブルク 21日 ロイター] - ロイター調査によると、南アフリカ経済は、中国の需要の弱まりがより鮮明になってきたため成長見通しが下振れした。ただ、通貨ランド下落と物価高のために準備銀行(中央銀行)は28日の次回政策会合で利上げせざるを得なくなりそうだ。

今回調査ではエコノミスト31人のうち19人が中銀は28日に政策金利を50ベーシスポイント(bp)引き上げて6.75%にすると予想した。他の11人は25bpの利上げを見込み、政策変更はないと答えたのはわずか1人だった。

マッコーリーのエルナ・ムールマン氏は「中銀が次回会合で利上げするのは明白だ。問題は利上げ幅を最近の傾向である25bpにするか、以前の標準だった50bpに戻すかにすぎない」と述べた。

もしも利上げ幅が50bpなら、2014年7月以降では初めてとなる。

ムールマン氏は25bpの利上げを予想しているが、より大幅な利上げのリスクがはっきり高まってきており、どうなるかは28日の会合までのランドと原油価格の動き次第の面が大きいと指摘した。

ランド安のために南アフリカは原油安の恩恵を全面的に受けることができず、今年の物価上昇率は6.0%と中銀が許容するレンジの上限に達するとみられている。

年明け以降、ランドは活発に売られて一時は対ドルで過去最安値をつけた。

今年の成長率の予想は昨年12月時点では1.6%だったが、今回の中央値は0.9%に切り下がった。南アフリカが年内に景気後退に陥る確率は50%との見方が示された。

BNPパリバのジェフリー・シュルツ氏は「中国の需要鈍化はかなりの程度に達しており、それはコモディティ価格から見て取れる。悪影響がドル高で増幅される流れが続いている」と話す。

中銀の政策金利は年末時点で7.25%まで引き上げられると予想されている。もっとも一部のエコノミストからは、ランド安は中国などの貿易相手国の成長鈍化によるものであり、利上げでは食い止められないとの声が出ている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below