Reuters logo
サムスン電子、「ギャラクシーS」新モデル発表 目新しさ欠く
2016年2月22日 / 01:27 / 2年前

サムスン電子、「ギャラクシーS」新モデル発表 目新しさ欠く

 2月21日、韓国のサムスン電子は、フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ギャラクシーS」シリーズの新型モデルを発表した。ただ、機能やサービスにそれほどの目新しさはなく、販売押し上げにはつながらない可能性がある。バルセロナで撮影(2016年 ロイター/Albert Gea)

[バルセロナ/ソウル 21日 ロイター] - 韓国のサムスン電子(005930.KS)は21日、フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ギャラクシーS」シリーズの新型モデルを発表した。ただ、機能やサービスにそれほどの目新しさはなく、販売押し上げにはつながらない可能性がある。

バルセロナで開催される世界最大級の携帯見本市「モバイル・ワールド・コングレス」(MWC)に先立ち当地で発表されたのは、5.1インチの「S7」と曲面ディスプレイを採用した5.5インチの「S7エッジ」の2モデル。デザイン面で前機種とほぼ変わりはない。

また、360度カメラ「Gear 360(ギア360)」も発表。撮影した写真や映像は、フェイスブックやユーチューブに投稿でき、サムスンの仮想現実(バーチャルリアリティー、VR)ヘッドセットで見ることができる。

同社の幹部、ジャン・ダニエル・エーメ氏はインタビューで、ギア360について「この(革新の)すべてにより、このデバイスは新たなスマートフォンになるだけでなく、電話を超えた新たなエコシステムの中核となる」と語った。

ただ、サムスン電子にとってはギャラクシーSの新型モデルがどの程度需要を集めるかが大きな焦点となる。

同社の2015年のモバイル部門営業利益は30%減少し、10兆1000億ウォンと2011年以来の低水準に落ち込んだ。米アップル(AAPL.O)の新型「iPhone(アイフォーン)」や中国の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]など他社の改良版に市場シェアを奪われたからだ。

投資家やアナリストは、スマホ市場の成長ペース鈍化や、需要見通しの悪化でテクノロジー業界全体の先行き不透明感が増していることなどから、サムスン電子の業績が今年も悪化すると予想している。

調査会社トレンドフォースは、サムスンの世界市場シェアが今年22.2%に縮小するとの見通しを示している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below