Reuters logo
「アラブ王族」襲撃計画で過激派7人拘束=マレーシア警察
2017年3月7日 / 08:30 / 6ヶ月前

「アラブ王族」襲撃計画で過激派7人拘束=マレーシア警察

 3月7日、マレーシア警察のカリド長官は、先月末に拘束された過激派7人が、首都クアラルンプールで「アラブの王族」の襲撃を計画していたと明らかにした。写真はクアラルンプールで2月撮影(2017年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[クアラルンプール 7日 ロイター] - マレーシア警察のカリド長官は7日、先月末に拘束された過激派7人が、首都クアラルンプールで「アラブの王族」の襲撃を計画していたと明らかにした。

サウジアラビアのサルマン国王は2月26日にマレーシアを訪問した。7人はその数日前に拘束されたという。

カリド長官は記者団に対し、過激派が「アラブの王族をクアラルンプール訪問中に襲撃することを計画していた」とし、襲撃が発生する直前に拘束したと明らかにした。

マレーシアは5日、「イスラム国」(IS)などの過激派組織とつながりがある疑いで、2月21─26日にマレーシア人1人のほか、インドネシア人1人とイエメン人4人を含む外国人6人を拘束したと発表した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below