Reuters logo
サウジ副皇太子が中国と日本訪問へ、原油依存脱却に向け協議
2016年8月24日 / 09:46 / 1年前

サウジ副皇太子が中国と日本訪問へ、原油依存脱却に向け協議

[ドバイ 24日 ロイター] - サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子は、来週からの中国と日本への訪問で、原油依存脱却に向けた改革について話し合う考えだ。サウジの現地メディアや関係筋が24日明らかにした。

 8月24日、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子(写真)は、来週からの中国と日本への訪問で、原油依存脱却に向けた改革について話し合う考えだ。7月撮影(2016年 ロイター/Joshua Roberts)

サルマン副皇太子は4月、世界的な投資国家への転身を図る経済改革構想「ビジョン2030」を発表。数十億ドル規模の海外投資を呼び込む意向を示していた。この際、中国や日本の金融機関や企業が重要な役割を果たすことになる見込みだ。

現地紙サウジ・ガゼットによると、サルマン副皇太子は来週前半に中国を訪れ、経済協力や安全保障問題について協議する予定。菅義偉官房長官によると、副皇太子は8月31日から9月3日に日本を訪問し、安倍晋三首相と会談する。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below