Reuters logo
サウジが市場シェア維持・拡大へ、国営会社会長「新規投資続ける」
2016年1月25日 / 09:45 / 2年前

サウジが市場シェア維持・拡大へ、国営会社会長「新規投資続ける」

 1月25日、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコのカーリッド・アルファレ会長(写真)は、世界の原油需給は最終的には「適度な」価格で均衡すると述べた。バーレーンで2014年5月撮影(2016年 ロイター/Hamad I Mohammed)

[リヤド/ロンドン 25日 ロイター] - サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコのカーリッド・アルファレ会長は25日、原油安への対応でコストカットを進めているが、石油・ガス生産能力への新規投資は継続するとの考えを示した。

湾岸以外の産油国では投資削減の動きが加速しているが、サウジは将来的な価格回復をにらみ、投資を継続し市場シェアを維持、拡大する姿勢を鮮明にしている。

会長は、ビジネス会議でのパネルディスカッションにおいて「石油・ガスの生産能力に関する当社の投資は鈍化していない。コストカットを通じて、支出削減を大きく進めることができた」と明らかにした。

その後、記者団に対し「サウジは最もコストの低い産油国」とし、「われわれには低コスト維持を可能にする規模と能力、そして技術がある」と述べた。

一部の有力な石油エコノミストは、原油安が長期化し石油輸出国機構(OPEC)の主要産油国が市場シェア維持の方針を貫けば、世界は再び、中東産原油に過度に依存する状況に陥る可能性があると予想している。

また会長は、世界の原油需給は最終的には「適度な」価格で均衡すると述べた。

具体的な価格水準には言及しなかったが、遠くない将来にその価格になると述べた。

「需要の拡大はすでに昨年始まっており、それほど遠くない将来に需要が供給に追い付く時がくるだろう」と述べた。

政府のサウジアラムコ株売却計画については、下流ベンチャーの株式のみを売却するのか、上流の石油・ガス事業を含む本体の株式も売却対象になるのかをめぐって、当局はまだ決定を下していないと述べた。

本体の株式売却の場合、法律面で解決すべき問題がある、という。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below