Reuters logo
米利上げ、9月決定でも違和感なかった=ダラス連銀総裁
2016年9月26日 / 19:41 / 1年前

米利上げ、9月決定でも違和感なかった=ダラス連銀総裁

[サンアントニオ 26日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は26日、今月20─21日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが決定されたとしても違和感は感じなかったと述べた。

同総裁はサンアントニオで開かれた銀行に関する会合に出席し、「緩和措置の解消を望んでいる。緩和措置が9月のFOMCで引き揚げられたとしても違和感は感じなかった」と述べた。

そのうえで、米経済の過熱について懸念していないとする一方で、低金利により米経済に「歪み」が発生するのではないかと懸念していると述べた。

カプラン総裁は今年のFOMCで投票権は持っていない。

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below