Reuters logo
シャープと鴻海の堺液晶工場、2年連続の黒字
2015年4月3日 / 06:37 / 3年前

シャープと鴻海の堺液晶工場、2年連続の黒字

[東京 3日 ロイター] - シャープ(6753.T)と鴻海精密工業(2317.TW)が共同運営する大型液晶会社「堺ディスプレイプロダクト(SDP/大阪府堺市)」が2年連続で最終黒字を計上したことがわかった。

 4月3日、シャープと鴻海精密工業が共同運営する大型液晶会社「堺ディスプレイプロダクト(SDP/大阪府堺市)」が2年連続で最終黒字を計上したことがわかった。堺市で2012年8月撮影(2015年 ロイター/Tim Kelly)

3月26日掲載の官報によると、SDPの2014年12月期の業績は、売上高が2203億円(前年同期は2108億円)、営業利益は151億円(同150億円)、当期純利益は72億円(同60億円)で、増収増益を確保した。

鴻海の出資を受けた12年12月期(12年4月―12月期の9カ月)は74億円の最終赤字だったが、シャープ・鴻海の共同運営が軌道に乗った2年目に続き、3年目も利益計上した。

同社は、2009年秋に稼働を開始した堺工場の運営会社で、シャープの経営危機で、12年7月から鴻海の郭台銘(テリー・ゴウ)董事長が資本参加。シャープとテリー・ゴウ氏がそれぞれ37.6%を出資する比率で運営している。

堺工場が液晶の量産に使用しているマザーガラスは第10世代(G10=3130×2880ミリメートル)、畳5畳分のサイズで今現在も世界最大。60インチ以上の大型液晶を効率的に切り出せる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below