Reuters logo
韓国、第3四半期は前期比1.2%成長に加速 約5年ぶり高水準
2015年10月23日 / 01:13 / 2年前

韓国、第3四半期は前期比1.2%成長に加速 約5年ぶり高水準

 10月23日、韓国銀行が発表した2015年第3・四半期の国内総生産速報値は、季節調整済み前期比で1.2%増、前年同期比2.6%増で、いずれも市場予想を上回った。写真はソウル市内で7月撮影(2015年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 23日 ロイター] - 韓国銀行(中央銀行)が発表した2015年第3・四半期の国内総生産(GDP)速報値は、季節調整済み前期比で1.2%増、前年同期比2.6%増で、いずれも市場予想(前期比1.0%増、前年比2.5%増)を上回った。

前期比伸び率は、第2・四半期の0.3%から大幅に加速し、2010年第2・四半期(1.7%)以来、5年超ぶりの高水準となった。

前年比伸び率も、第2・四半期の2.2%を上回った。

輸出は前期比0.2%減。1年ぶりのマイナスとなった。ただ、内需が輸出の落ち込み以上に伸びた。

民間消費は同1.1%増加した。第2・四半期は0.2%減少していた。

資本投資は同2.0%増で、第2・四半期の0.5%増から拡大。建設投資も同4.5%急増し、前四半期の1.6%増から加速した。

第3・四半期GDPが堅調な内容となったことで、近いうちに追加利下げが実施される可能性は低下したとみられるが、一部エコノミストは、輸出が一段と落ち込めば中銀が追加金融緩和に乗り出す可能性があると指摘する。

ハナ金融投資のエコノミスト、キム・ドゥオン氏は「輸出は悪化するだろう。そうなれば、景気回復の頓挫を回避するために国内当局は追加の措置を迫られることになる」と述べた。

*内容を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below