Reuters logo
米スナップ、2日にNY証取に上場 初値上昇も
2017年3月2日 / 08:37 / 8ヶ月前

米スナップ、2日にNY証取に上場 初値上昇も

[ニューヨーク 2日 ロイター] - メッセージングサービス「スナップチャット」を運営する米スナップ(SNAP.N)は2日、ニューヨーク証券取引所に上場する。

 3月2日、メッセージングサービス「スナップチャット」を運営する米スナップは、ニューヨーク証券取引所に上場する。写真はスナップチャットのロゴ。ニューヨークで2015年3月撮影(2017年 ロイター/Lucas Jackson)

同社は1日、新規株式公開(IPO)価格を仮条件レンジ(1株14─16ドル)を上回る17ドルに設定し、34億ドルを調達した。公開株式数は2億株。

スナップのIPOに募集枠の10倍以上の応募があったことを考えると、上場初日には需要が高まって株価が上昇する可能性もある。

ニューヨーク証券取引所は先週、スナップの上場が円滑に運ぶよう、模擬取引を実施した。

2012年にフェイスブック(FB.O)がナスダック市場に上場した際にはシステム障害が発生し、大混乱が起きた経緯があるためだ。

公開価格で換算したスナップの時価総額は約240億ドルで、ライバルの米ツイッター(TWTR.N)の倍以上。米ハイテク企業のIPOとしては12年のフェイスブック以来の大型上場。

スナップチャットは、ティーンエージャーや30前の世代に人気が高いソーシャルメディアアプリだが、まだ利益は上げていない。

昨年は収入が7倍近く増加したものの、純損失は38%拡大した。

利用者数の伸び鈍化に直面する中、フェイスブックのインスタグラムなど、ライバルとの競争も激化している。

ただ、今回のIPOはタイミング的には上々だった。昨年のIPOは08年以来の低水準で、投資家は新たな機会を待ち望んでいる。

スナップのIPOが、他のユニコーン(未公開の巨大スタートアップ企業)の上場の呼び水となる可能性もある。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below