Reuters logo
サッカー=スイス検察、W杯汚職で元FIFA事務局長ら捜査
2017年10月13日 / 04:04 / 6日前

サッカー=スイス検察、W杯汚職で元FIFA事務局長ら捜査

10月12日、スイス検察当局はサッカーのワールドカップ(W杯)放映権をめぐる収賄などの疑いで、国際サッカー連盟(FIFA)事務局長を解任されたジェローム・バルク氏の捜査を始めたと発表した。2015年6月撮影(2017年 ロイター/Maxim Zmeyev)

[チューリッヒ 12日 ロイター] - スイス検察当局は12日、サッカーのワールドカップ(W杯)放映権をめぐる収賄などの疑いで、国際サッカー連盟(FIFA)事務局長を解任されたジェローム・バルク氏の捜査を始めたと発表した。

また、フランス1部リーグに所属するパリ・サンジェルマンのナセル・ヘライフィ会長も、同様に捜査の対象となっている。

バルク氏は2018年から30年W杯までの放映権に絡み、不当な利益を得た嫌疑をかけられており、26年と30年大会に関してはカタール人のヘライフィ会長が最高経営責任者(CEO)を務めるビーイン・メディア・グループから賄賂を受け取ったことが疑われている。

バルク氏の米国弁護士は、コメントすることを拒否した。また、ビーイン・メディア・グループは違法行為を否認し、関係者と協力していると話している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below