Reuters logo
ベトナム、南シナ海の岩礁でしゅんせつ作業開始
2016年12月8日 / 23:11 / 10ヶ月後

ベトナム、南シナ海の岩礁でしゅんせつ作業開始

[シドニー/香港 8日 ロイター] - 南シナ海にある南沙(英語名スプラトリー)諸島のラッド礁で、ベトナムがしゅんせつ作業を開始したことが、衛星画像で明らかになった。ベトナムが実効支配するラッド礁は、中国と台湾も領有権を主張している。

 12月8日、南シナ海にある南沙諸島のラッド礁(写真)で、ベトナムがしゅんせつ作業を開始したことが、衛星画像で明らかになった。ベトナムが実効支配するラッド礁は、中国と台湾も領有権を主張している。7月撮影、提供写真(2016年 ロイター/Trevor Hammond/Planet Labs)

高潮の時は水没するが、灯台とベトナム軍兵士向けの施設がある。

米プラネット・ラブスが提供した、11月30日撮影の衛星画像では、新たに掘られた水路に複数の船が確認できる。

英防衛省で海軍の情報アナリストを過去に務めたトレバー・ホリングズビー氏は「ベトナムは防衛強化を加速している」との見方を示した。

米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)の南シナ海専門家、グレッグ・ポリング氏は、ラッド礁での作業がどの程度行われるかは明らかでないと述べた。作業の目的が埋め立てなどではなく、補給船や漁船のアクセス改善である可能性もある。

ポリング氏は、理論的には、ラッド礁が近くにあるスプラトリー島の防衛能力を高める役割を果たす可能性があると指摘。スプラトリー島では滑走路などが建設されている。同氏は「ベトナムは中国に対抗できないことは承知しているが、監視機能の改善を図りたい」との考えを示した。

ベトナム外務省はコメントの要請に応じていない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below