Reuters logo
中韓間の航空会社が路線縮小、THAAD配備の余波広がる
2017年3月10日 / 06:23 / 6ヶ月前

中韓間の航空会社が路線縮小、THAAD配備の余波広がる

[上海 10日 ロイター] - 中国・韓国間の旅客便を運航する航空会社が10日、複数の路線で運航を停止した。米地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の韓国配備に中国が反発している問題の余波が広がっている。

韓国イースター航空は南部の清洲、済州の2都市と中国を結ぶ路線を停止すると発表した。

クルーズ運航会社カーニバル(CCL.N)とロイヤル・カリビアン(RCL.N)は先に、中国発のクルーズ船の韓国寄港を取り止める方針を明らかにしている。

また、10日に中国の東方航空(600115.SS)、春秋航空(601021.SS)のウェブサイトで検索したところ、東部の寧波と済州間の路線が来週の半ば以降、座席予約ができなくなっている。

これらの航空会社はコメントの要請に応じていない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below