Reuters logo
第1四半期の韓国GDPは予想上回る、輸出・設備投資が寄与
2017年4月27日 / 00:17 / 5ヶ月前

第1四半期の韓国GDPは予想上回る、輸出・設備投資が寄与

[ソウル 27日 ロイター] - 韓国銀行(中央銀行)が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)速報値は、輸出や設備投資の力強い伸びが寄与し、市場予想を上回った。

この年初の好調なスタートは、政治危機で数カ月にわたって経済が圧迫された後でもあり、北朝鮮などとの緊張が高まる中、政策当局者にとって安心材料になるとみられる。

第1・四半期GDPは季節調整済みの前期比0.9%増で、2016年第4・四半期の0.5%増から伸びが加速した。伸び率は16年第2・四半期(0.9%)以来の高水準。ロイターがまとめた市場予想は0.7%増だった。

前年比では2.7%増加。前期の2.4%増から加速し、こちらも16年第2・四半期(3.4%増)以来の高水準。市場予想は2.6%増だった。

設備投資は前期比4.3%増(第4・四半期は5.9%増)、輸出は前期比1.9%増(第4・四半期は0.1%減)だった。

民間消費は前期比0.4%増。前期の0.2%増を上回った。

建設投資は5.3%増加した。

企画財政省の当局者は「急増しているアパート建設事業が経済成長を支えている」と指摘した。

知的財産への投資は0.2%減少した。

サービス部門は前期比0.1%増と8年ぶりの低い伸びにとどまった。

韓国銀行の高官は「中国当局が韓国への旅行を制限していることで中国の旅行者が減った。消費者信頼感も低迷している。新型モデルの発売までスマートフォンの購入を見合わせる動きが一部で見られる」と分析した。

柳一鎬企画財政相は記者団に、全般的に成長が回復していることから、景気を刺激するための補正予算は今のところ必要ないとの見解を示した上で、最終的な判断は次期大統領が下す可能性があると述べた。

第2・四半期は景気が急減速する可能性は低いが、不確実性は残ると指摘した。

メリッツ証券の首席エコノミスト、スティーブン・リー氏は、補正予算はもはや必要ないとの見方を示し「誰が大統領に選ばれるか見極める必要があるが、経済のファンダメンタルズを改善する上で、来年度予算の歳出に注目すべきだ」と述べた。

産業通商資源省は通年の輸出の伸びが6─7%になるとして、これまでの2.9%から引き上げた。半導体や液晶パネル、化粧品の出荷が堅調と説明した。

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below