その他
PR

サッカー=プレミアリーグ選手の年俸高騰、売上高の7割に

2012年 05月 31日 15:28 JST
 
  • Mixiチェック

[ロンドン 31日 ロイター] 国際的な監査法人デロイトは31日、サッカーのイングランド・プレミアリーグに関して、2010─11シーズンに過去最高の売上高を記録したものの、選手の年俸も高騰傾向にあることを明らかにした。

10─11シーズンのプレミアリーグは、新たな放映権契約を結んだことにより、前年度から12パーセントアップの23億ポンド(約2816億円)の売上高を記録。しかし、その一方で売上高に占める選手の年俸の割合は70パーセントにまで上昇している。また、プレミアリーグに所属する20クラブの収益は、合計で6800万ポンドにとどまっており、移籍金などを考慮した場合、税引き前の段階で3億8000万ポンドの赤字となる計算だ。

それでも、巨額を投資したクラブはこのところ、その見返りを得ている。10─11シーズンに大幅な赤字を計上したマンチェスター・シティー(マンC)とチェルシーだが、今季マンCはプレミアリーグ制覇、チェルシーは欧州チャンピオンズリーグ優勝を果たしている。

ただし、欧州サッカー連盟(UEFA)は今後、移籍金と報酬の高騰に歯止めをかけるための新ルールを導入予定。違反した場合は欧州の大会からの出場資格をはく奪されるため、クラブ側は収支のバランスを保つ策を立てる必要がある。

 
 

注目の商品

5月31日、国際的な監査法人デロイトは、サッカーのイングランド・プレミアリーグに関して、2010─11シーズンに過去最高の歳入を記録したものの、選手の年俸も高騰傾向にあることを明らかにした。写真は今季欧州チャンピオンズリーグを制したチェルシーの選手たち。19日撮影(2012年 ロイター/Dylan Martinez)
Pictures of the year: Sports
Our top sports photos of the year.
 
Harvard vs. Yale
Harvard defeats Yale again in the Ivy League title.
 
All-star baseball in Tokyo
MLB players face off against the Japan national team in an exhibition game.