Reuters logo
欧州株小幅高、金属価格上昇で鉱業株に買い
2014年10月6日 / 18:53 / 3年前

欧州株小幅高、金属価格上昇で鉱業株に買い

[ロンドン 6日 ロイター] - 週明け6日の欧州株式市場は、小幅高で取引を終えた。金属価格が上昇したことで鉱業株に買いが集まった。

FTSEユーロファースト300種指数.FTEU3は、3.02ポイント(0.22%)高の1350.16で引けた。DJユーロSTOXX50種指数.STOXX50Eは5.30ポイント(0.17%)高の3138.67だった。

経済が堅調な米国などで原材料需要が増えるとの見方から、銅CMCU3やアルミニウムCMAL3、亜鉛CMZN3の価格が0.7から2.0%上がり、STOXX欧州鉱業株指数.SXPPは1.5%上昇した。個別株では、英豪系資源大手のリオ・ティント(RIO.L)とBHPビリトン(BLT.L)、金・銀生産のフレスニロ(FRES.L)、チリの産銅大手アントファガスタ・ミネラルズ(ANTO.L)は1.6%から3.8%値上がりした。

リオ・ティントADR(RIO.N)は7.4%の上昇。欧州取引時間の終了後、スイスの商品取引・資源大手グレンコア(GLEN.L)がリオ・ティント・グループ(RIO.L)と2015年に合併することを目指して準備を進めているとの報道が出て、材料視された。

フィンランドの携帯電話メーカー、ノキアNOK1V.HEは2.7%の値上がり。米マイクロソフト(MSFT.O)が韓国のサムスン電子(005930.KS)から昨年受け取ったスマートフォン関連の特許料が10億ドルに及んだと発表したことを受け、同様に大きな特許ポートフォリオを有するノキアに買いが集中した。

このところのユーロ安は欧州の輸出企業に恩恵を及ぼしており、航空機大手エアバス(AIR.PA)は0.7%上昇した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below