Reuters logo
東南アジア株大半が上伸、シンガポールは9日以来の高値
2014年10月23日 / 15:02 / 3年前

東南アジア株大半が上伸、シンガポールは9日以来の高値

[23日 ロイター] - 23日の東南アジア株式市場では、大半の株価が上伸して引けた。中国の製造業に関してまちまちの状況が示される中、クアラルンプールとシンガポール両市場の株価指数がアウトパフォームした。

シンガポールのストレーツ・タイムズ指数.FTSTIは金融株主導で1.1%高と、9日以来の高値を記録。クアラルンプールの総合株価指数.KLSEはゲンティン・マレーシア(GENT.KL)など消費関連景気循環株主導で0.8%高と、終値ベースで2週間ぶりの高値となった。クアラルンプール市場のCIMB・グループ・ホールディングス(CIMB.KL)は0.2%安。

前日の米国株安、原油安を背景とした世界の経済成長減速をめぐる懸念が、アジアの株価を押し下げる要因となった。中国の製造業統計は市場に影響を及ぼさなかった。

この日発表されたHSBC/マークイットの10月の中国製造業購買担当者景況指数(PMI)は50.4と、9月の50.2、市場予想の50.3をやや上回った。

マニラの主要株価指数PSEi.PSIは0.5%安、ホーチミンのVN指数.VNIは1.3%安。バンコク市場.SETIは祝日のため休場だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below