Reuters logo
今日の株式見通し=反発、米株高受け買い先行 ファナックなど重し
2015年7月28日 / 22:57 / 2年前

今日の株式見通し=反発、米株高受け買い先行 ファナックなど重し

[東京 29日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は反発が見込まれている。前日の米国株が6日ぶりに反発した流れを引き継ぎ、序盤は買い先行となりやすい。ただ通期業績予想の下方修正を発表したファナック(6954.T)などが指数の上値を押さえそうだ。中国株の動向も引き続き警戒されるうえ、今晩の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を前に動きにくいという。

日経平均の予想レンジは2万0250円─2万0450円。

28日の米国株式市場は反発。前日までの5日続落で大きく値下がりしていたことから自律反発狙いの買いが入ったほか、原油相場の持ち直しに伴いエネルギー関連株が上昇した。シカゴの日経平均先物(円建て)は大取終値比45円高の2万0345円となっており、朝方は同水準にさや寄せする格好で買い優勢となりそうだ。

ただ日経平均寄与度の大きいファナックが、2016年3月期連結業績予想の下方修正を受けてADR(米預託証券)で8%超下落。アドバンテスト(6857.T)は6%安、日立建機(6305.T)は5%安となっており、指数の重しとなりやすい。中国株は前日に下げ渋り、過度な不安心理は後退したが、懸念はくすぶるという。

SBI証券シニアマーケットアナリストの藤本誠之氏は「日本独自の動きに乏しく、外部環境に左右される相場が続きそう。全般相場が方向感に欠けるなかで、中小型株や材料株への物色が強まる」とみていた。

きょうはデクセリアルズ(4980.T)が東証1部に、ジャパン・シニアリビング投資法人 投資証券(3460.T)が東証に新規上場する。引け後には新日鉄住金(5401.T)やコマツ(6301.T)、日立(6501.T)、パナソニック(6752.T)、日産(7201.T)、野村(8604.T)、NTTドコモ(9437.T)などが決算を発表する。

海外では週間の米住宅ローン・借換え申請指数(米抵当銀行協会)や6月米中古住宅販売仮契約指数(全米リアルター協会)などが発表されるほか、FOMCの声明発表を控えており、引けにかけて見送りムードが強まりそうだ。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      20328.89 20952.71 16592.57

-21.21 2015年6月24日 2015年1月16日

シカゴ日経平均先物9月限 20345(円建て)  

*内容を追加しました。

杉山容俊

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below