Reuters logo
今日の株式見通し=弱もちあい、中国経済指標や為替にらみの展開
2016年1月18日 / 22:53 / 2年前

今日の株式見通し=弱もちあい、中国経済指標や為替にらみの展開

[東京 19日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、弱もちあいの動きが予想される。前日の米国株市場が休場で手がかり材料に欠ける中、午前中に発表される中国経済指標の結果や為替の動向次第で上下に振れる可能性がある。

日米の企業決算が本格化する前で積極的には買い向かいにくく、全体に上値の重さが意識されそうだ。

日経平均の予想レンジは1万6700円─1万7100円。

18日の欧州株市場は、資源価格の下落懸念がくすぶる中、銀行株などが売られ総じて軟調だった。米国株市場はキング牧師生誕記念日で休場。日経平均先物3月限夜間取引は、前日の日中終値比30円安の1万6830円と下げている。寄り付きは同水準を意識してやや売りが先行するとみられる。

市場が注目しているのは午前11時に中国で発表される10─12月期GDP(国内総生産)、12月小売売上高などの重要経済指標だ。これまでは市場予想から大きくかい離しない傾向があったものの、景気減速を示す結果となった場合は、売り材料にされやすい。市場では「投機筋の動向に左右されそうだ。もっとも、中国指標が予想に沿った内容であれば大きな悪材料にもならない」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ている。仮に中国指標が予想を上回っても、休場明けの米国株市場や日米の企業決算を見極めたいとして、主要な投資家は様子見姿勢を強めることが予想される。

主なスケジュールは、12月首都圏マンション発売が発表される。海外では中国で10─12月期GDP(国内総生産)、12月固定資産投資、小売売上高、鉱工業生産などが発表される。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      16955.57 20952.71 16592.57

-191.54 2015年6月24日 2015年1月16日

シカゴ日経平均先物3月限 ――

*内容を追加しました。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below