2014年は米株式が魅力的な投資先=ゴールドマン

2013年 12月 10日 09:45 JST
 
記事を印刷する |
  • Mixiチェック

[ニューヨーク 9日 ロイター] - ゴールドマン・サックス のストラテジストは9日、英国と米国は2014年に予想以上の経済成長が見込まれると指摘。米連邦準備理事会(FRB)が低金利を維持するとの見通しを踏まえると、来年は米国株が魅力的な投資先との見方を示した。

ゴールドマンのグローバル・マーケッツ・グループのマクロ株式部門代表、ノア・ウェイスバーガー氏は、S&P総合500種 の構成銘柄が投資のカギとなると指摘。一方、豪ドルの上昇は見込んでいないとした。米株への投資の理由として低金利の継続を挙げた。

また、ゴールドマンの複数ストラテジストは、米国、日本、欧州の銀行セクターの株式を推奨した。

グローバル・マクロ・アンド・マーケッツのリサーチチーム代表、Francesco Garzarelli氏は、欧州めぐるリスクの低下が来年主要国の経済成長を支援すると指摘。インフレは「比較的低水準」にとどまる、と述べた。

グローバル・マクロ部門のエグゼクティブ・ディレクター、Kamakshya Trivedi氏は、中国株の買いを推奨したほか、銅価格の下落を予想している。

複数のアナリストは、米緩和策の縮小開始や欧米のぜい弱な景気回復を踏まえると、過去10年にみられたような堅調なコモディティ市況は終わるとの見通しを示した。

 

 
 
写真

ユーロ圏残留は困難に

国民が債権団の財政再建策に強い口調で「ノー」を突き付けたことで、ギリシャがユーロ圏にとどまるのは難しくなるだろう。
  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

外国為替フォーラム

写真
ギリシャ瀬戸際外交は敗北へ

国民投票で緊縮策を拒んだギリシャの瀬戸際外交は勝利せず、ユーロの秩序は保たれると第一生命経済研の熊野英生氏は予想。   記事の全文 

 
写真
ギリシャ以外にも円高材料

ドル円相場の円高方向へのオーバーシュートをもたらすリスクオフ要因は、ギリシャ問題に限らないとUBS証券の中窪文男氏は分析。  記事の全文 

 
ギリシャ離脱か、今後の行方=田中理氏
 
サービス生産性革命の曙光=嶋津洋樹氏
 
脱デフレへ円安期待維持を=政井貴子氏
 
米利上げ前に円高到来か=亀岡裕次氏

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円

株価検索

会社名銘柄コード
 
写真
ユーロ圏残留は困難に

緊縮策に国民が「ノー」を突き付けたことで、ギリシャがユーロ圏残留は難しくなるだろう。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
「ノー」が欧州に迫る決断

ギリシャの緊縮「ノー」でユーロ圏首相が下す2つの重い決断とは。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
中国株は「口先」以上必要

中国株回復には単なる「リップサービス」以上のものが必要だ。  記事の全文 | 関連記事 

 
中国「軍事力」が米国に遠く及ばない理由
 
内政挫折のオバマ氏が狙う外交「遺産」
 
動き出した「非製造業」の成長エンジン

外国為替フォーラム

*統計に基づく世論調査ではありません。