Reuters logo
今日の株式見通し=続伸後もみ合い、円安好感も利益確定売りが重し
2016年11月20日 / 23:01 / 1年前

今日の株式見通し=続伸後もみ合い、円安好感も利益確定売りが重し

[東京 21日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸後もみ合う展開が見込まれる。円安基調を好感し買いが先行するとみられるものの、足元の急ピッチな株高には警戒感もある。1万8000円台では利益確定売りなどが上値を抑えそうだ。取引時間中は為替にらみで上下に振れることが予想される。

日経平均の予想レンジは1万7800円─1万8200円。

18日の米国株市場は、金利上昇や相場の過熱感が警戒され、ダウ、ナスダックとも反落した。一方、外為市場ではトランプ次期米大統領の拡張的な財政政策を見込んだドル買いが続き、早朝の東京市場で一時1ドル111円台まで円安が進行している。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は大取終値比55円高の1万8025円、大阪取引所の夜間取引終値は同30円高の1万8000円だった。週明けの東京株式市場では円安を好感し、主力輸出株などに買いが先行するとみられる。

円安による輸出企業の収益改善期待が引き続き日本株をけん引しそうだが、急速な株高で短期的な過熱感も強くなっている。市場では「海外勢の先物買いが相場を押し上げてきたが、前週末の米国株の上値が抑えられていることを考えると、日本株も簡単に上値を追えるわけではない。1万8000円台では戻り待ちの売りも出やすい」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との声が出ている。ドル高加速に伴う新興国からの資金流出などが意識されると相場の重しとなりそうだ。

主なスケジュールは、10月貿易統計、10月コンビニエンスストア売上高、10月スーパー売上高などが発表される。海外では10月米シカゴ連銀全米活動指数が発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      17967.41 18951.12 14864.01

+104.78 2016年1月4日 2016年6月24日

シカゴ日経平均先物12月限 18025(円建て)

*内容を追加して再送します。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below