Reuters logo
今日の株式見通し=続落、円高嫌気で売り優勢 サミット前で薄商い
2016年5月23日 / 22:56 / 1年前

今日の株式見通し=続落、円高嫌気で売り優勢 サミット前で薄商い

[東京 24日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続落となりそうだ。外為市場で円高が進行していることから輸出株などに売りが先行するとみられる。26─27日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を控え、薄商いが予想される中、先物主導で一時的に下振れる可能性はあるが、引き続き政策期待が支えになると予想される。

日経平均の予想レンジは1万6300円─1万6700円。

前日の米国株市場は早期利上げ観測が相場の重しとなり、ダウ、ナスダックとも小幅に下落した。外為市場では1ドル109円台前半までドル安/円高方向に振れている。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は大取終値比140円安の1万6510円。朝方は主力輸出株などに売りが先行しそうだ。

米早期利上げ観測でもドル/円が110円で頭打ちとなり、先行きの円高懸念が上値を抑えるとみられる。米原油先物も下落しリスクオンのムードは広がりにくい。一方、市場では「サミット前で売買は膨らまないが、月末にかけて骨太方針の決定や補正予算などの経済対策も見込まれ、下値は売り込みにくい」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との指摘もある。先物主導で振れやすい地合いではあるが、売り先行後は底堅さも示すと予想される。

主なスケジュールは、5月独ZEW景況感指数、4月米新築住宅販売件数が発表される。国内で重要な経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      16654.6 18951.12 14865.77

-81.75 2016年1月4日 2016年2月12日

シカゴ日経平均先物6月限 16510(円建て)

*内容を追加しました。

河口浩一

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below