Reuters logo
今日の株式見通し=軟調、円高で主力輸出株に売り先行
2017年4月12日 / 22:51 / 5ヶ月前

今日の株式見通し=軟調、円高で主力輸出株に売り先行

[東京 13日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、軟調な展開が予想される。1ドル108円台まで進行した円高を嫌気し、大型外需株に売りが先行する見込みだ。連日の年初来安値更新となりそうだ。ただ、節目の1万8500円を下回った水準では押し目買い需要も多く、安寄り後は安値圏でのもみ合いとなると予想される。

日経平均の予想レンジは1万8400円─1万8600円。

トランプ米大統領は12日、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで「ドルが強くなり過ぎている」と述べたほか、米連邦準備理事会(FRB)は低金利政策が望ましいとした。

これらの発言を受け、外為市場ではドル安・円高が進行。朝方に昨年11月17日以来、約5カ月ぶりに1ドル108円台を付けた。

シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値、大阪取引所の夜間終値はともに1万8470円を付けており、前日の現物株の終値を下回っている。序盤は主力輸出株に売りが先行しそうだ。

また、米原子力空母「カール・ビンソン」が15日ごろ朝鮮半島周辺に到着する見通しとも報じられており、地政学リスクの高まりも引き続き日本株の重しとなりそうだ。

SBI証券シニアマーケットアナリストの藤本誠之氏は「悪材料が重なって全くいいところなし。ドル/円JPY=が110円割れしてもなお円高に振れ続けていることは、企業の想定為替レートや業績見通しに悪影響を与える」と話している。

きょうは国内では3月マネーストックが公表される。ファーストリテイリング (9983.T)の9-2月期決算発表も控えている。海外では中国3月貿易収支が発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      18552.61 19668.01 18460.59

-195.26 2017年3月2日 2017年4月12日

シカゴ日経平均先物6月限 18470(円建て)

*見出しを修正しました。

辻茉莉花

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below