Reuters logo
日本の潜水艦が15年ぶりフィリピン寄港、中国けん制に
2016年3月15日 / 07:36 / 2年前

日本の潜水艦が15年ぶりフィリピン寄港、中国けん制に

 3月15日、海上自衛隊は、フィリピンへ15年ぶりに潜水艦を派遣すると正式に発表した。艦艇の寄港は受け入れ国と親密な関係にあることを示すことになり、南シナ海でフィリピンと領有権を争う中国へのけん制につながる。写真は海上自衛隊の潜水艦。提供写真(2016年 ロイター)

[東京 15日 ロイター] - 海上自衛隊は15日、フィリピンへ15年ぶりに潜水艦を派遣すると正式に発表した。艦艇の寄港は受け入れ国と親密な関係にあることを示すことになり、南シナ海でフィリピンと領有権を争う中国へのけん制につながる。

派遣は外洋訓練航海の一環で、潜水艦は練習用を使う。3月19日に護衛艦2隻とともに日本を出港、対潜水艦戦の訓練などをしながらフィリピンのスービック湾へ向かう。2隻の護衛艦はその後、ベトナムのカムラン湾にも寄港する。同湾は、ベトナムが中国と領有権を争う海域に近い。

武居智久・海上幕僚長は15日の会見で、「地域の海洋安全保障の向上のため、(他国海軍との)関係の強化が必要と認識している。ベトナム、マレーシア、フィリピン、シンガポール、インドネシアなど、総合的にこれらの国々との関係強化を進める必要がある」と語った。

海上自衛隊は毎年この時期に外洋訓練航海を実施。昨年はインドネシアとベトナムに護衛艦を寄港させた。潜水艦の派遣は2001年を最後に取りやめていた。

久保信博

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below