Reuters logo
稲田防衛相、今後も職務にあたってほしい=菅官房長官
2017年6月28日 / 04:03 / 3ヶ月前

稲田防衛相、今後も職務にあたってほしい=菅官房長官

 6月28日、菅義偉官房長官は午前の会見で、東京都議選の自民党候補者の集会で自衛隊の政治利用と受け取られかねない発言をした稲田朋美防衛相(写真)について「説明責任を果たし、今後も職務にあたってもらいたい」と述べた。3日撮影(2017年 ロイター/Edgar Su)

[東京 28日 ロイター] - 菅義偉官房長官は28日午前の会見で、東京都議選の自民党候補者の集会で自衛隊の政治利用と受け取られかねない発言をした稲田朋美防衛相について「説明責任を果たし、今後も職務にあたってもらいたい」と述べた。

稲田防衛相は27日、板橋区内で開かれた自民党候補の集会で「防衛省、自衛隊、防衛相、自民党としてもお願いしたい」と発言した。

稲田防衛相は発言後、練馬駐屯地も近く、地元の方に感謝の気持ちを伝える一環としてそういう言葉を使ったと説明。深夜になってあらためて会見し、誤解を招きかねない発言だったとして撤回した。

憲法15条は「すべての公務員は全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」と規定している。公職選挙法は公務員の地位を利用した選挙運動を禁止、自衛隊法も選挙権の行使を除く政治的行為を制限している。

この問題について菅官房長官は「昨夜の会見で(稲田氏が)しっかり説明された。今後も誠実に職務にあたっていただきたい」と語った。また、昨日、稲田氏から連絡があった際に、早く撤回して謝罪したほうがいいと話したことも明らかにした。

長官はまた、今回の問題が都議選に影響を与えることはないとの認識も示した。内閣改造や党役員人事が早まる可能性についても「まったく影響ない」と否定。大臣の資質に問題はないと強調した。

稲田氏が発言を行ってから撤回するまでの間、期日前投票を行った人の判断に影響した可能性もある。菅官房長官は「直後に説明し、当日のうちに取り消し、謝罪した」としたが、影響を与えた可能性がないと言い切れるかとの質問には「承知していない」と答えるにとどめた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below