Reuters logo
SWIFT、北朝鮮の3銀行を国際通信サービスから排除
2017年3月9日 / 01:56 / 6ヶ月前

SWIFT、北朝鮮の3銀行を国際通信サービスから排除

 3月8日、ベルギーに本部を置く銀行間決済ネットワーク運営の国際銀行間通信協会(SWIFT)は、国連制裁の対象となっている北朝鮮の銀行に対し、銀行間の決済に必要な通信サービスの提供を停止したと発表した。写真はスイス・ジュネーブの北朝鮮政府代表部に掲げられている北朝鮮国旗。2014年10月撮影(2017年 ロイター/Denis Balibouse)

[香港/ロンドン 8日 ロイター] - ベルギーに本部を置く銀行間決済ネットワーク運営の国際銀行間通信協会(SWIFT)は、国連制裁の対象となっている北朝鮮の銀行に対し、銀行間の決済に必要な通信サービスの提供を停止したと発表した。ベルギー政府の指示に従った。

ベルギー外務省は、ミサイル発射など、北朝鮮の「激化する挑発行為」を受けて3行のSWIFT接続に関する認可を停止したと表明。

国連は2月27日公表の報告書で、北朝鮮が引き続き国際的な金融システムを巧みに利用して国連制裁を逃れていると指摘。制裁対象の北朝鮮の銀行と取引するいかなる企業も、欧州の政府による認可にかかわらず、制裁違反に当たるとしていた。

ベルギー政府はこれまで、SWIFTが制裁対象の北朝鮮の銀行にサービスを提供することを例外的に認めていた。

国連報告書では、特定の企業が例外的に制裁対象の銀行と取引が可能かどうかを判断できるのは国連安全保障理事会の委員会だけで、国が個別に判断することはできないとしていた。

国連安保理によると、SWIFTのシステムに加わっていた制裁対象の3行はバンク・オブ・イースト・ランド、コリア・デソン・バンク、コリア・クワンソン・バンキング・コーポレーション。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below