Reuters logo
マイナス金利、フラン相場抑制に必要不可欠=スイス中銀副総裁
2016年11月24日 / 20:51 / 10ヶ月前

マイナス金利、フラン相場抑制に必要不可欠=スイス中銀副総裁

11月24日、スイス国立銀行(中央銀行)のツアブリュック副総裁は、スイスフラン相場の上昇を抑制するためにマイナス金利は必要不可欠となっているとの考えを示した。写真は2015年1月、ベルンで(2016年 ロイター/Thomas Hodel)

[ベルン 24日 ロイター] - スイス国立銀行(中央銀行)のツアブリュック副総裁は24日、スイスフラン相場の上昇を抑制するためにマイナス金利は必要不可欠となっているとの考えを示し、低金利政策によるスイスの金融システムに対するリスクは対処可能な範囲にあるとの認識を示した。

同副総裁はベルンで開かれた会議での講演原稿で「異例の低金利により金利マージンが圧迫されており、スイスの銀行の利益率の重しとなっている」と指摘。特に国内業務に主眼を置く銀行に大きな負担となっていると述べた。

ただスイス中銀はマイナス金利の適用除外を設けているため、マイナス金利により銀行の利益率が一段と損なわれる事態にはなっていないとの考えを示した。

そのうえで、マイナス金利により物価安定が維持され、フラン相場の上昇圧力が抑制されていることで国内経済も支援されているとし、銀行業界はマイナス金利の恩恵を受けていると指摘。「マイナス金利は金融政策の観点から必要不可欠なものとなっている」と述べた。

さらに「世界的な低金利情勢や困難な世界経済情勢を踏まえると、マイナス金利と外国為替市場への介入を組み合わせたスイス中銀の政策はフラン相場の上昇圧力の抑制に効果を発揮する」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below