Reuters logo
シリア国民の3分の2は極貧、内戦4年目で経済縮小が加速=報告
2014年5月29日 / 07:28 / 3年前

シリア国民の3分の2は極貧、内戦4年目で経済縮小が加速=報告

[アンマン 28日 ロイター] - ダマスカスに拠点をおくシリア政策研究センターのリポートによると、2011年以来4年にわたる内戦で、同国では農業・鉱工業生産が縮小し、国民の約3分の2が極貧状態に陥っており、経済が急速に縮小している。

5月28日、内戦が4年目となるシリアでは農業・鉱工業生産が縮小し、国民の約3分の2が極貧状態に陥っている。アレッポで撮影(2014年 ロイター/Hosam Katan )

リポートは、国連と国際通貨基金(IMF)がスポンサーとなった。

同国の国内総生産(GDP)は、内戦発生以来40%縮小したとリポートは推定している。

500万人の労働人口の約半数が失業状態にある。

同センターの研究担当、Zaki Mehchy氏はロイターに「経済縮小のペースは加速している」と指摘。「窃盗から土地・原油の不正取引まで、国の資源を略奪し、私物化している強力な勢力が存在する。彼らにとっては、内戦が続くほうが都合が良い」と述べた。

2013年末時点で4人に3人が貧困状態にあるほか、約半数は極貧状態にあるという。

リポートは「シリアにおける貧困状況は、壊滅的レベルに達している」と述べた。

さらに、大きな収入源だった観光が深刻な打撃を受け、欧州と湾岸を結ぶハブとしての機能も果たせなくなった。13年の公共債務の対GDP比は126%に達している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below