Reuters logo
消費増税法案が成立、早期解散なければ自民は問責提出も
2012年8月10日 / 08:50 / 5年前

消費増税法案が成立、早期解散なければ自民は問責提出も

[東京 10日 ロイター] 消費増税を含む一体改革関連法案は10日夕の参議院本会議で、民主、自民、公明など与野党の賛成多数で可決、成立した。

8月10日、消費増税を含む一体改革関連法案は参議院本会議で、民主、自民、公明など与野党の賛成多数で可決、成立した。写真は2009年7月撮影(2012年 ロイター)

野田佳彦首相が政治生命をかけるとして臨んだ法案の成立を受け、次の焦点は「近いうちに信を問う」とした解散の時期に移る。民主党内からは参議院での採決でも造反する議員が数人出ており、厳しい政権運営に変わりはない。自民、公明は早期解散を求めており、自民党は不信任案や問責決議案の提出も辞さない構えだ。

<17年ぶり消費税引き上げへ、首相「困難を極めた」>

本会議で採決したのは増税、年金、子育て関連6法案と3党で共同提出した社会保障制度改革推進法案、認定子ども園設置法改正案。焦点の消費増税法案は投票総数237で賛成が188、反対が49だった。

法案の成立で消費税は2014年4月に8%、2015年10月に10%に引き上げられる見通しとなった。2014年に引き上げられれば、1997年以来、17年ぶりの消費増税となる。ただ、実際の引き上げは経済状況を勘案して時の政権が判断することになる。景気条項として名目3%、実質2%の成長を政策の努力目標とする。

消費増税で見込まれる新たな税収は13兆5000億円。全額を社会保障4分野に充てる。

安住淳財務相は法案成立後の会見で、社会保障関係費以外に「びた一文使わない」と述べ、「公共事業のばらまきに使うことは絶対させない」と決意を語った。

消費増税に伴う低所得者対策を実施することも法案には盛り込まれているが、8%への引き上げ時は一時的な現金給付、10%に引き上げる際は給付付き税額控除もしくは軽減税率の導入となる見通し。

社会保障制度を議論するための社会保障制度改革国民会議を設置する。

野田佳彦首相は法案成立後に会見し、一体改革の意義について、社会保障の安定財源の確保や世代間公平を図る改革であることを強調。財政への信認確保や、決めなければいけない時に決めきる政治改革の意味もあったとした。また、法案成立までの道のりについて「この改革を行うことは困難を極めた。政治生命をかけるという不退転の覚悟で臨まないとひるむ可能性があった」と語った。

<解散めぐり与野党の攻防続く、参院でも採決で造反者>

消費増税関連法案の成立を受け、3党首間の合意で「成立の暁には近いうちに国民の信を問う」と言及した解散の時期が次の焦点となる。野田首相は時期を明示するのは控えるとし、他の重要法案である特例公債法案や選挙制度改革関連法案の成立についても協議を呼びかけていく考えだ。10日の国会でも「特例公債法案が成立しないと予算執行が窮屈になる」とし、1日も早い成立を呼びかけた。これに対して自民党は「特例公債法案は、新しい政治体制を作った後でも整理できる」(谷垣禎一総裁)としており、早期解散を求めている。

公明党の山口那津男代表も10日、ロイターとのインタビューで、解散が年明けになるということはあり得ないとけん制。一日も早く国民に信を問うべきだとしている。

一方、参議院での消費増税法案をめぐっても民主党からは造反者が数人出た。参議院では離党者が2人出れば第一会派を自民党に譲ることになり、政権基盤はさらに弱まることとなる。

谷垣総裁は9日夜のテレビ番組で、内閣不信任案や問責決議案を出す可能性はあると明言。「近いうち(に信を問う)ということで矛を収めたが、今国会中に出さないと言っているわけではない」とし、民主党の対応次第で不信任案などを使って解散に追い込んでいく考えを示している。

(ロイター日本語ニュース 石田仁志;編集 吉瀬邦彦)

*野田首相と安住財務相の会見内容などを加えて再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below