Reuters logo
東電が豪火力発電権益を売却、経営合理化の一端
2012年6月29日 / 09:38 / 5年前

東電が豪火力発電権益を売却、経営合理化の一端

6月29日、東京電力は、豪州で石炭火力発電による電力販売を行う「ロイ・ヤンAプロジェクト」の権益32.5%を同国のエネルギー事業者AGLエナジー社に売却したと発表した。写真は5月撮影(2012年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 29日 ロイター] 東京電力(9501.T)は29日、豪州で石炭火力発電による電力販売を行う「ロイ・ヤンAプロジェクト」の権益32.5%を同国のエネルギー事業者AGLエナジー社に売却したと発表した。

東電は総合特別事業計画に基づく経営の効率化・合理化を進めており、権益売却はその一端。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below