Reuters logo
ルネサスへの支援、自動車業界を頼りにしてもらってもいい=自工会会長
2012年11月16日 / 02:31 / 5年前

ルネサスへの支援、自動車業界を頼りにしてもらってもいい=自工会会長

[東京 16日 ロイター] 日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車(7203.T)社長)は16日の定例会見で、経営不振のルネサスエレクトロニクス(6723.T)に対する支援について、日本のモノづくりを守るという観点から「自動車業界を何かしらの頼りにしてもらってもいい」と述べた。その上で、既存株主や電機メーカーもいるため、国の指導を仰ぎながら行うことが必要との見解を示した。

日中関係の悪化については「自動車業界に多大な影響及ぼしていると言わざる得ない」と指摘。「少しは明るさ戻ってきたと聞くが、依然厳しい状況かわりない」と述べ、中国の新政権発足によって日中間の友好関係を取り戻すことに期待感を示した。

日本では解散を経て、来月中旬に新政権が発足する見通しになったが、豊田会長は「頑張った人が報われる国、社会を作ってほしい」と要望した。自民党の安倍晋三総裁の15日の発言を受けて、日銀がより強力な金融緩和を打ち出す可能性があるとの観測から、外国為替市場では円安・ドル高が進んでいる。ただ、1ドル=81円でも「超円高が続いていることには変わりない」との認識を示した。

(ロイターニュース 杉山健太郎 編集 宮崎大)

*内容を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below