Reuters logo
景気判断を5地域が上方修正、全9地域で「回復」=日銀経済報告
2014年1月16日 / 05:52 / 4年前

景気判断を5地域が上方修正、全9地域で「回復」=日銀経済報告

1月16日、日銀は各支店からの景気報告を取りまとめた「地域経済報告(さくらリポート)」を発表し、5地域の景気判断を上方修正し、4地域を据え置いた。都内の日銀本店で昨年10月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 16日 ロイター] -日銀は16日、各支店からの景気報告を取りまとめた「地域経済報告(さくらリポート)」を発表し、5地域の景気判断を上方修正、4地域を据え置いた。内需が引き続き堅調に推移する中で、景気回復の動きが地域経済に広がっている。

全9地域が景気判断に「回復」との表現を使用しており、これは2005年4月に同リポートの公表を開始して以降で初めて。

景気判断を上方修正したのは北海道、北陸、東海、中国、四国の5地域で、東北、関東甲信越、近畿、九州・沖縄の4地域が判断を据え置いた。それぞれ「緩やかに回復している」「回復している」など程度に違いはあるが、全9地域が「回復」との表現を盛り込んだ。昨年10月の前回報告では北陸が「持ち直している」との表現にとどまっていた。

国内需要が堅調に推移し、生産が緩やかに増加している中、雇用・所得環境の改善を背景に個人消費も増加している。日銀では、生産・所得・支出という景気の前向きな循環が「各地域に広がっている」(調査統計局)としている。

(伊藤純夫)

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below