Reuters logo
米国で行方不明のネコ、1300キロ離れた場所で保護され自宅に
2017年4月3日 / 01:25 / 6ヶ月前

米国で行方不明のネコ、1300キロ離れた場所で保護され自宅に

 3月31日、昨年6月に米コロラド州の家から行方不明となった茶色のぶちネコ「ハービー」が、9カ月後に800マイル(約1300キロ)離れたテキサス州ダラス中心部でマンホールに転落して救出され、皮下に埋め込まれていたマイクロチップから飼い主が判明、ようやく家族の元に戻るという出来事があった。写真は30日撮影の提供写真(2017年 ロイター/Dallas Animal Rescue)

[ダラス 31日 ロイター] - 昨年6月に米コロラド州の家から行方不明となった茶色のぶちネコ「ハービー」が、9カ月後に800マイル(約1300キロ)離れたテキサス州ダラス中心部でマンホールに転落して救出され、皮下に埋め込まれていたマイクロチップから飼い主が判明、ようやく家族の元に戻るという出来事があった。

ハービーは5歳の雄。深さ7.6メートルのマンホールで危うくセメント詰めになるところを電力会社の作業員が発見し、動物保護当局に通報した。救出は6時間に及んだが、無事保護された。

どうやってダラスまで来たのかは謎だが、動物保護当局の広報担当者は、車に乗ってきたか、歩いて到達した可能性があると指摘。「これだけの時間があれば徒歩で到達することはまったく不可能ではないが、家からの距離を考えると何らかの移動手段を得た可能性が高い」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below