Reuters logo
卓球=世界選手権で吉村・石川組が優勝、平野は銅メダル
2017年6月4日 / 00:49 / 4ヶ月前

卓球=世界選手権で吉村・石川組が優勝、平野は銅メダル

[3日 ロイター] - 卓球の世界選手権は3日、ドイツのデュッセルドルフで試合を行い、混合ダブルスで吉村真晴、石川佳純組は準決勝を突破。さらに決勝では陳建安、鄭怡静組(台湾)を4─3で破って金メダルを獲得した。

世界選手権の混合ダブルスで日本が優勝したのは1969年ミュンヘン大会以来で、通算8回目。

女子シングルスでは平野美宇が準決勝でリオ五輪金メダリストの丁寧(中国)に1─4で敗れ、銅メダルとなった。

男子ダブルス準決勝では大島祐哉、森薗政崇組が鄭栄植、李尚洙組(韓国)を4─2で破り、決勝に進出。丹羽孝希、吉村組は樊振東、許キン組(中国)に0─4で敗れた。

男子シングルス4回戦では13歳の張本智和がリュボミール・ピシュテイ(スロバキア)を4─1で下し、準々決勝進出を果たした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below